日銀、第三次金融緩和に踏み切る!

金曜、定例の日銀、、、会議が開かれ金融緩和が発表された。その内容、株式市場からETFを直接購入すると言う。すでに年間3兆3千億買い付けを行っているが、これを6兆円に引き上げると言う。
昨年来の外国人投資家が買った金額が13兆円であるからインパクトのある金額であることに間違いはない。しかも外国人投資家と違い、基本はバイホールドで保有期間に制限がない、つまり市場から株券を吸い上げて株価を上げましょうと言う選択だ。
これで年金資金基金が投入した損失約5兆円も回復できるだろうとの読みもあるだろう。
しかし市場は昨日も乱高下し今朝の日経平均シカゴ先物も300円近く下げている。
緩和すると決めたのに週明けはマイナスのスタートとなる。日銀はメンツ丸潰れなのだ。円も何故か買われて102円台に突入、、感じが悪いのだ。
しかし、これは一過性の話だ。毎年、桁違いの株式を買えば景況感に関係なく自動的に株価は上がる。。
株式市場は新たなる局面を迎え、押し目と上げを繰り返しながらゆるやかに上昇するだろう。
ポケモン関連だ、ライン関係だとマーケットは騒ぐがこれは機関と素人に任せておけばよい。。日経225で500円以下の株式で押し目をつけている銘柄は中期で買いと判断してよいだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました