日経平均、反発して終了。149円高、16745円。

日経平均、反発して終了。。だが下げた銘柄も多かった。為替が心理的目安である100円を割り込むと一気に下げが加速するような感触だった。裁定取引で値ガサ株が上げたことでプラス圏を維持できた格好だ。。明日。明後日と株価はもたつくかもしれない。日経平均は移動線にとらわれずに考えると16000円あたりまで再び下げると、機関投資家や年金資金も動きやすいと思われる。外資系も一旦、益出しを終えていることからリセットとなると日経平均株価だけで見ると上値は軽くなる。。
ホルダーとしては下げは困るが一時的に為替が98円程度まで下げると株価も整理がつくと言うことだ。
個別では内需関連に期待が強いが消費が弱いことから動きは緩慢。資源、エネルギー関連は堅調に推移するものと見ている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました