日経平均、小幅続伸。

為替動向安定を好感して小動きな一日だった。ただ心理的節目である17000円台を抜けなかったことで弱気論も台頭。利益確定の売りも断続的に出て小動きで終始した。昨日のNY市場がマイナスで引けたことや原油価格の下落も影響した模様だ。
もっとも時間外取引で瞬間、17000円台をつけている。
今週は米国の経済指標が各種発表予定で混乱が無ければ日本市場も週明けは一段高の可能性も無いわけではない。18000円、、、それ以上を追うには材料が必要だが、証券税制での支援や各種控除、、例えば相続税での控除を一定額認めるといった抜本的な仕組み作りも必要な段階に来ているように思う。
日銀のETFの買いや年金資金での買いには限界があるからだ。
小手先の小技としては配当の二重課税の廃止なども効果的だが、財務省の抵抗も強く政治主導での判断になるが安倍政権も、やること盛りだくさんでこういった事案は後回しになるのが通例だ。

明日は週末、、、、今日と同じような動きになると思うがさてさて。。。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました