明日の月曜は日経平均はマイナススタートか?

週明けの月曜は週末のシカゴ日経先物にサヤ寄せする形でマイナススタートだろう。寄り付きで150〜200円程度の下げを予測するが、日銀もすべて承知しているはずで後場にはETFの買いが入ると思われる。心理的節目である17000円台を維持したいところだが材料不足に出来高減少で微妙だ。。
為替が103円台に下落するかどうかがポイントだろう。。

9月も後半に入り、そろそろ中間期の配当取りの動きも出てくるだろう。
当研究会、該当銘柄では
帝国通信工業 株価150円台で3円配当
酒井重工業 株価180円台で3.5円配当
JMS 株価270円台で4円配当
愛知時計電機 株価300円台で配当5円
年間配当になると、いずれも年3%を超える。
ただ、値動きの悪さも天下一品で市場からは圏外に置かれている。
だが変な仕組債やリートよりは、まともだ。

株式投資は結局、差金決済で利益を確定する
売買のため配当は副産物だと言う厳しい指摘もある。しかし、ベースの金額が億を超えてくると、安定的な資金の置き場として見れば格好だと思われる。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました