日経平均209円安。16544円で終了。

日経平均は週明け模様眺めの展開が続き結局209円安の16544円で引けた。材料難の中小口の売りで下げる銘柄も目立ったようだ。10月1日からの株式併合を控え持ち高調整の売りも散発的に出ていた模様。ただ、8043 スターゼンのように10対1の併合の結果、デイトレの対象から外れて好業績をそのまま買いとする投資方向も出始めており、今後、併合銘柄の考え方を改めないと投資そのものから乗り遅れる可能性も出てきており検討予定ではある。スターゼンなどは本日5000円を超へ年初来高値を更新している。千円単位、100株単位になれる必要もあるのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました