日経平均、配当落ち114円を超える下げで終了。

今日の日経平均は中間期の配当権利落ち114円を埋めきれず円高にも押され200円を超える下げで終了した。為替も100円スレスレで推移しており米国の金融情勢を考えるとあと一歩、円高進行があるかもしれない。だとすると株式市場は日経平均レベルで16000円を割り込む動きとなるだろう。
今日から実質下期に突入だが株式併合による売買銘柄も増えてきた。10対1の併合だと最終利益も1株あたり10倍、配当も10倍と好業績の銘柄は買われる可能性もある。しばらく静観だが追って対応したいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました