米国、トランプ大統領誕生!

この事態を受け世界の金融情勢は大混乱の様相だ。本国の米国市場が先物ベースで900ドル以上下げている。日本市場も900円こ超える下げで終了。為替動向も円が買われ一時1ドル101円台に。本流の共和党排出だが、政治家では無いトランプが世界の政治、経済の舵を切れるのか多大な疑問符がつきまわるのだろう。
最もこれからは官僚政治になる。トランプ抜きでだ。
ただすでにTPP問題にあるように、すでに米国から脱退すると明言している。これは保護主義政策の始まりであり世界経済減速は避けられないかもしれない。

こんな中でひときわ値を飛ばしているモノがある。
金=ゴールドだ。今日か株が下がるにつれ価格が上昇し1オンス=約31g、1320ドルと前日比+40ドル高で推移している。日本では急激な円高のため価格は相殺されるが今後も目が離せない。
時流次第だが1800ドル程度までは今後織り込む可能性がある。
こちらは株式銘柄ではないが金銭信託として金に投資することも可能だ。
東証 1540 純金上場信託(現物国内保管型)が1単位4200円程度で1g単位の売買が可能だ。
現物に比べ税金面の煩わしさや手間が省けるメリットがある。これも中期で面白いかもしれない。

株式市場での関連銘柄は住友金属鉱山くらいか?同社は鹿児島に世界最大の含有量を持つと言われる良質の菱刈鉱山を持っている。三菱マテリアルも関連銘柄だが同社がもっていた新潟の佐渡島はすでに枯渇しており含み資産はない。ただゴールドの売買としては有名なので取り扱い量が増えれば当然利益につながることにはなる。

さぁ、今夜はどの番組もトランプ一色だろう。態度が豹変しておとなしくなってくれることを願うばかりである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました