日経平均、年末は手堅く推移か?

週明けの日本市場は高値警戒感が強いながら小動きの展開で推移するものと思われる。イタリアの金融不安はすぐさま公的資金が投入決定などEU圏内も即時対応モードだ。来年のEU圏でこの動きが定常化すると、ひとつ不安材料が消えることになる。
米国の金利引き上げも小幅ながら2回ないし3回を目論でいる。
この思惑で世界はドル買いに走っている。
日本も同様、これが1ドル120円説の根拠となっている。
などなど株式市場にはすべてが支援材料にも^見える。
ただトランプ政権はまだ始まっていない。
想定外の事態も考えてポートフォリオも組み直したいところだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました