日経平均一時年初来高値を上回る。

今日の日経平均は米国市場のダウ平均高値更新を好感して寄り付きから高く始まった。一時300円を超える高値をつけ日経平均も年初来高値を更新して終えた。終値は171円高の19564円。為替動向もドルが買われ1ドル114円台を付けている。
一連の動きはトランプの演説で安堵感が広がり、とりあえずリスクオフの資金が株式の買戻しにつながったことが大きい。
掛け声だけながら、議会に対して米国史上空前の軍事費増額を要求、その額6兆円。インフラ整備に1兆円、、、と数字が大きかったことが大きい。更に諸外国に対する強硬な姿勢もコメントとして出なかったことも市場関係者を一応安心させた側面が一役かっている。

今後の経済運営や政治手法、議会との向き合い、、、課題山積だが米国中間層の満足いく内容であったことは間違いない。
とりあえずトランプ相場、第二幕は好調な出足といったところか・・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました