日経平均株価、高値追いの展開か?

週明けの日経平均は高値追いの可能性が高い。本格的な決算発表が始まり市場では想定以上の好決算との予測があるからだ。
需給も現物、空売りの合計は売り越しだが現物ベースでは買い越しだ。
要は息の長いマネーが流入している可能性がある。
更に為替動向も1ドル112円台と落ちついた動きも安定材料と見る。
フランス大統領選は想定通り。韓国大統領選も誰が当選しても何ら変わらないだろう。
反日を叫んでみたところで日本ナシでは、
地政学的リスクも経済リスクも乗り越えられない。ましてや、通貨の融通スワップ協定はすでに失効している。
日本にも頭が上がらないのだ。いまの韓国経済、通貨事情は投機マネーの流入で一気にウォンが崩れる可能性もある。
韓国株式も高値追いだが恐くて買えないゾーンに突入している。

唯一気になるのは米国によ日本製鉄鋼に制裁関税確定のニュースだ。最大5割近い課税、、韓国、フランス製品は150%近い課税になる。
日本の株式では鉄鋼セクターが調整局面入りするかもしれない。
もっとも現況水準より切り下げるなら買い検討もありだろう。
これは追ってレポートする予定ではある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました