日経平均マイナス圏で推移。

とりたてて材料がない中、日経平均はマイナス100円、19900円前後で推移している。大型銘柄が見送られる中、小型の好業績銘柄に資金が向いている。
カーボン生産拡大の日本カーボン、農薬で中国との合弁、さらに当期利益倍増を狙う、片倉コープアグリなどはしっかり。
減益計画だが保守的な、みずほコーポレートあたりも底値近辺で投資妙味があるかもしれない。
7.5円配当で株価が200円は割安とみている。
台湾資本下のシャープ、、先行き不透明感の強い東芝あたりも値動きが軽いが見送りで良いと思われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました