日経平均続落で終了。

米国市場小幅安、為替動向安定を受け日経平均も小幅な動きに終始した。材料難の中、東証1部の低位銘柄やシャスダック、マザーズといった個別物色の色彩が濃かったと思う。
ただ実はこの鈍い動きが今後の株価のベンチマークになる可能性もある。

リーマンショック以降の世界的金融緩和でマネーは異常なダブつきを見せている。個人レベルでは、恩恵を受けてません、、と言う方が圧倒的だ。そうだろう、、、国内に限っても日銀=銀行間の当座預金にはいまや100兆円近いマネーが滞留している。すべては川上で滞留しているのだ。当の日銀も国債を徹底的に買い漁りいまや国債は不足状態だ。
この状況が大前提でゆるやかに株式市場に流れ始めているのだ。
株式投資に無縁だとすると恩恵は受けない可能性が高い。
政府・日銀は絶対にバブル経済は起こさない方針だ。一方、資産インフレでとりあえず個人の富裕層を増やすことに意欲的であることは明白だ。

この状況がいまあり、この株価でフラットな状態が続くなら、この株価水準がベンチマークとなり新たなる相場が始まると読むこともできる。

上場企業群の財務状況も異常事態だ。無借金企業が実に2000社を超えているという。
連続増配で配当支払い額が10兆円を超えたといってもいまだ配当性向は世界基準で見れば低い。
これが日本の株式に人気が波及しない理由がある。
配当性向が低いわけだから1株純資産は増え続けるにも関わらず株価が上昇しない。
低PBRの訳もここにある。

この状況は当分の間、続くことがいまもわかっている。
一連の動きを検討すると、いずれ日本株式は出遅れ株式として買われる可能性が高い。
その時期、株価、、、それはわからない。

ただ米ダウ平均は思い起こすだけでも3000ドルくらだったのはそう昔の話ではない。
それがいまや20000ドル超えだ。
日本株式はどうだろうか?
日本は日米安全保障条約で守られている。これは軍事的な意味あいだけではない。
等々検討すると米国実質傘下の日本株式は、悲しいかな消去法的に買われる可能性が高い。
しかし、それでも日本買いが、発生するなら良いと考えている。

この事態を想定して株式を買うことは理に適っているのだ。
東証1部で循環物色に確実に乗れ、かつ割安に放置されている銘柄がチャンスである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました