日経平均、小動きで推移。

材料難の中、日経平均は利益確定の売りと買いに挟まれ小動きとなっている。年末に利益確定を急ぐ投信や一部機関投資家、法人は高値観測をよそに売りということ。
一方、個人の買い意欲は旺盛で、それは四季報等で確認しながら打診買いから入っている。
12月末決算の会社はすでに配当を大きく超える上げの銘柄もあり新規の買いとしては微妙であることは確かだ。

米国の経済指数も想定超の好景気だが実態やお粗末なものと酷評も多い。
金融緩和で失速は避けることが出来たが、大きく経済を底上げだけするだけのインパクトは無いということだ。
もっともトランプ政権が掲げる中間層の富裕層への誘導は今後も続く。
人為的だが政策的に実行するという意志は評価したい。
このすべてが米国ダウ指数に表れている。月足ベースでダウ平均株価のチャートを見て欲しい。
実に恐ろしいほど米国FRBが金融緩和した、ドル刷り政策に合致する。

根拠無きドルの増刷3倍は株価とイコールなのである。

一方、日本市場は同様以上の策を講じているがいまだ織り込みが弱い、、、、これは
株価の上昇が想定よりも低い事を意味している。

リニア問題でこれだけ揺れ動いても建設株の銘柄は堅調だ。
事実が売りに回るよりも待機待ちの買いがいかに多いか証明している。
笑えないが、笑える事態が株式市場起きていることいを認識だけはすべきだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました