研究銘柄 8201 さが美 グループホールディングス

8201 さが美 グループホールディングス 118円前後

旧ユニー系の和装衣装大手。日本人のライフスタイルが欧米化する中で呉服、浴衣といった主力商品販売で苦戦。ユニー時代からリストラを推進するも常に経常利益段階からの赤字を抜けれず業績が厳しい。
その後、投資会社が買収、AG2号投資事業組合として筆頭株主になり2199万株、53.8%を所有している。買収時に債務保証や借入金等をユニーが引き継ぎようやく帳簿上は黒字化を達成している。
ただ債務免除特益が消える当期は再び赤字転落の恐れがある。

店舗販売が不振の中、展示即売会や外国人観光客相手、ネットでの販売等が経営の骨子になると考えられるが現在発表は無い。

一連の事態を東証は、継続前提に重要事象あり、として注意喚起を行っている。言わば保護観察中なのだ。オーバーに言えば倒産のリスクがあるということ。
しかし売上は底打ちし持ち株会社に移行したことで経営がアクティヴに動く可能性がある。
同社がM&Aの対象にしたり他業種に進出するといった事態も想定できる。

一方、財務を見ると当然無配継続ながら1株純資産153円、自己資本比率も59%と帳簿上は問題ない。このきょうな状況から株価も当然低迷、、週末の終値は118円だった。

諸々、噂が聞こえても来るがこれは雑音であり真偽不明。
ただ買収サイドも目論みがあり買収を行っているわけであり慈善事業ではない。
また東証が株式併合を進める中、同社にまだその発表はないが近々10対1の株式併合が行われるものと思われる。
同社は2月決算と異例だが4月以降、全体の様子を見ながら中期で買い推奨としたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました