本日の売買(3月1日)その2      5202 日本板硝子

5202 日本板硝子 842円 新規で20,000株買い。

 

海外売上比率8割近い自動車、建築向け硝子製造大手。過年に英国のガラスメーカー、ピルキントンを買収して世界展開を目指したが子が親を飲み込むような規模の買収で経営が混迷、外国人社長を重用するも突然退任する事態も発生。日本以外での商業ルールや文化の違いを計算しないまま進捗したため、大型の特損を抱え経営は度々窮地に立っていた時期もある。ただ住友系であったため資金繰りに窮する事態は避けられようやく経営が軌道に乗りつつある。ただ利益余剰金がマイナスでその金額1200億円強。経常利益の約7年分にも相当する債務も抱えている。

一昨年株式の併合を行い(10株に対し新株1株)さらに昨年3月には増資、減資、優先株の発行とこの債務にケリを付ける算段は着々と進行中ではある。1株純資産1130円と見栄えはいいがここから当分、無配が続くことは周知の事実でもある。株価を見るとここ10年ほどは1000円前後(旧株価で100円前後)を往来しており2016年6月には60円(現在の600円相当)まで下落。今期は安値743円、高値1080円である。

今日は直近の安値近辺まで下げたので短期で買いとした。上手く行くとボックス相場のため売り、買いが続く可能性もあるが本来の当研究会の売買方針の配当有り、財務内容良好とする指標には反している。よって買い推奨はしない予定でもある。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました