3903 gumi 急落で終了。836円(-123円安)

3903 gumi  836円(先週比ー123円安)年初来安値

参考銘柄でアップ予定であったが本日、2019年4月期(第一四半期 5~7月)連結業績を下方修正、赤字転落を嫌気して株価が急落123円安の836円で終了している。前期は黒字化で通過したが今回の発表を嫌気して売り優勢だった。

ではgumiとはいかなる会社なのか。

2007年設立、2014年12月に上場したスマホ向けゲーム開発、配信会社。上場直後からいきなり大幅赤字を計上、主幹事の野村証券の見識を疑う向きも強かったが2年後の2015年4月期にはようやく黒字化を達成、ところが翌年、再び30億を超える赤字を抱え転落。前々期、前期でようやく黒字化したばかりの今日の出来事だった。

しかし財務内容は自己資本比率61%強を維持、無配継続ながら順調に見える。何故か?上場時の資金が潤沢にあったためだ。上場前には第3者割当増資、1362円で244万株、33億円を取得している。上場後も公募で3300円で150万株で約50億円を取得している。この80億円がベースになっているためだ。要はこの資金を切り崩して営業しているのが実態だ。

だが売上は堅調に伸びている。上場直後は55億円、前期は266億円と5倍近い計上をしている。株主には第二にLINEが3位にはフジメディアが出資するなど目先は明るい可能性がある。ただゲームに課金するというやり方が限界に来ているとの説もありポートフォリオに加えるか迷う段階にある。

上場来高値は上場時の3340円、安値は先行き悲観論で全投げ状態の2016年2月期の427円である。その後、黒字化を好感して昨年は高値1163円、安値970円。今年も高値1162円だ。

1株純資産454円で現在の株価に対しても低すぎるとも見える。今後の動き次第だが仮に上場来安値427円を目指す動きとなれば500円前後で再度アップしたいと思う。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました