参考銘柄 8090 昭光通商 970円(-10円安)

8090 昭光通商 970円 (-10円安)

昭和電工が42.4%を保有する商事部門の子会社。化学品、合成樹脂、金属関連と扱い品目多く売上1300億円前後。2015年12月期に循環取引で決算訂正事案が発生。財務が毀損しそれ以降無配継続中だ。当期も後20億円程度欠損があり無配継続と思われる。

今月末で株式の併合(10対1)を実施。1株純資産690円に対し株価は970円ということになる。親会社の意向で業績が左右するが業績は薄利ながら堅調に推移すると思われる。

来期以降、復配の可能性もあるがいまだ発表はなく会社四季報でも無配継続想定だ。株価も三桁になると目立たなくなるが併合前で100円割れと考えれば株価は安値に位置していることになる。

今後の中期計画待ちだが幅広い商材をいかに展開するかで業績も回復傾向と見ている。通常巡航だと配当は5円であったことから業績回復時には50円配当が伺える。

株価が800円を割込むようであれば再びアップして研究銘柄にするか検討予定だ。無配銘柄の下げは案外きつい。その中から中期で銘柄を選ぶことも選択肢としては有りと判断している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました