4523エーザイ、ストップ高。7201日産自動車、急落。

週明けの日経平均は米中貿易摩擦に対するリスクオフの動きが後退、買戻しも進み大幅高で終了。終値は264円高の22.052円と一応22000円台を回復した。為替動向は110円中盤で安定している。

そんな中、アルツハイマー新薬発表で急騰の4523エーザイがストップ高。日系、米系の2社がレーティングを一気に目標株価15000に引上げたことも材料となり活況だった。

一方、後場に車体検査における排ガス規制問題で5時より会見の報道が伝わると一気に下げ48円安の1003円で終了している。一時年初来安値、1000円割れの999.5円をつけている。市場では明日の株価に注目が集まるが通常だと大幅安だろう。そもそも前回も新車出荷検査時に不正が発覚して前科があるだけに市場がどう評価するかが問題だ。また国土交通省の判断でも株価は大きく下げる可能性もある。更に揺れに揺れた三菱自動車のスポンサーでもある日産だが、事の次第では三菱自動車の株価にも影響を与えるものと見ている。コンプライアンスの欠如によるものだが人出不足や技術の継承、極端なローコストオペレーショ問題が背景にあり、日産の対処が遅れると株価は再び低迷する可能性もある。

明日以降、下げ局面では注視、その後の下げで買いを検討するが株価がPBRやPER、配当だけで割安と判断して上昇するようであれば圏外の銘柄として扱う予定である。

倒産銘柄の1606日本海洋掘削も株価が一時58円、年初来安値を更新。新規スポンサーが候補に名乗り出てストップ高をつけたが上場廃止後の話であり100%減資、、、要は既存株主は権利を失うことが大前提だ。手出し無用だ。日本航空と同じ運命ということだ。念のため。6624田淵電機もいまだ株価が150円と手ごろだがこちらもADR,,,私的整理に近い形で債権整理が進む見込みだ。再建は五分五分との判断が多いそうだが半分は民事再生で株価に価値が無くなる可能性を秘めている。わざわざ虎の子をはたいて買うことも無いと判断している。

株式投資はどう利益を出すか、、、ばかりに目が向かうが実はどう損失を回避するかということも重要だ。よく言う塩漬け、、、これも損失を抱えたままホールドしているにすぎず注意が必要であることは言うまでもない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました