日経平均急落、一時800円超下げる。

シェアする

米国NYダウ平の急落を受け日本市場も売り優勢、一気に先物主導で株価が崩れている。現在650円安前後で推移しているが後場、信用買いにおける追証が発生する予定で、強制売却を含む大規模になる可能性が高い。

一方、下げの主導が先物中心で安値をコツコツ拾う向きもありここからの大崩は無いかもしれない。現物組はしばらく待ちで良いだろう。信用買い組はきついが証拠金次第で二階建てでなければ市場退場まではいかないだろう。

やはり株式投資は現物に限るのだ。

しばらく不安定な動きが続くかもしれないが、更に日本市場の株式は割安感を増し安くなっていることになる。増配を望む声も多いがこの水準であれば自社株買いが一番経営陣にとっても株主にとっても効果的だろう。

いずれにしても想定外の下げだ。狼狽売りだけは避けたいところだと思う。