研究銘柄 6444 サンデンホルディングス 997円(前日比-285円安)

シェアする

6444 サンデンホールディングス 997円(前日比ー285円安)

海外売上比率70%超のカーエアコンコンプレッサーメーカー。世界シェアー2位。年間売上3000億円近くで安定している。2017年に224億円の赤字計上、前期は黒字転換配当も20円実施している。昨年10月に5対1の株式併合を行い株価も安定していた。1株純資産1674円、、、しかし有利子負債が多く自己資本比率が16%程度しかない。この規模の会社では設備投資や更新が多いため仕方無いが財務補強は同社にとっても課題だろう。

そういった中、昨日、中間決算発表を行い主要顧客の自動車メーカーより受注が減少、大幅減益、併せて通期業績の下方修正も行い、配当も無配とする発表を受けて本日は急落、実に下げ幅22%超の1000円台を割込み997円で終了している。

下期を手堅く見積もっての下方修正と思われるが、無配発表を急ぎすぎと思われる。通期でも最終利益が30億と見積もっており今後、業績の見直しの可能性もある。併合前換算で1株200円を割込んでおり株価は10年来の安値に位置している。

米中貿易摩擦や世界的自動車需要の状況など世界経済が予断を許さない中で先行き不透明感が強いのは事実だが明らかに売ら過ぎと判断している。1000円以下は中期で買い推奨とし目標株価を定めずホールドとしたい。

株式は安い時に買うもの。。。答えは一年もたたないうちに出るだろう。