日経平均株価終値140円高、21,952円で終了。

今日の日経平均は朝方終了の先物、内外環境も落ち着きを好感しプラスでスタート。個別でも割安感から買い直し、買戻しの動きが強く一時22,000円台を回復した。その後、一進一退の動きで下げるも下値ではしっかりした買いが入り終値は140円高で引けている。

明日以降も25日移動平均線を超えたことから早晩、22000円台定着の動きを探る展開になりそうだ。

そもそも株価は全体として安値圏にあり全体としては年内に23,000円にタッチすることも十分可能と判断している。

米国による対中貿易関税がキーポイントとなるが政治的なショーをイメージさせ株式市場への影響は次第に薄くなるものと判断している。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました