日経平均株価暴落。

シェアする

週末8日の日経平均株価は各種指標や海外株式市況の影響を受けて結果、430円安で終了した。市場では暴落論や経済悪化論を唱える内容が目立つがチャートを見れば許容範囲内であることがわかる。

特に一時21000円を割込んだ時点での投資家心理の悪化は当然であったと思われる。

詳細は今日、土曜、日曜のニュースの解説でも見ていただければと思う。特段理由が無い中で下げている銘柄は週明け以降、ピックアップの予定だ。

株価は安い時に買うもの。これはいままでもこれからも変わらない。念のため。。。。。

みなさん今週もお疲れ様でした。笑