株億3号ファンド

シェアする

今日の日経平均は米国市場の大幅高を受け大幅に反発、上げ幅は300円中盤を維持している。買われていると言うよりも買戻しの感が強い。

米国の金利引下げ観測に加え豪でも金利引下げが実施されるなど米中に端を発した警戒感は各国、相当神経質になっている。

日本は量的緩和を続行で国債などは在庫切れするのではないかと思うほど買い込んでいる。もっとも政府は資金が足りなければ直接日銀にファイナンスを依頼しているに等しい。禁じ手だがいつのまにか当たり前のようになっている。

それでもインフレが起きないのはヒト、モノが動かないからである。

このまま株価が安定すれば、そろそろ億株3号ファンドでも設定しようと思う。50万コース、100万コースで迷っているが月内か来月初旬にはと思っている。お約束だが、このファンドは従来のファンドではなく、あくまでも提案型のポートフォリオを提案するだけで、当研究会が代理受領したり代理買付、資産の預かりなどはしない。

利益が出た場合、1円もいただかない。一方、損失が出ても1円も補てんはしないので各自自己責任でお願いしたい。

中期、、概ね2~3年で20~30%の利益にプラス配当が目標。株価が動かない銘柄選定が多くなるため、余裕資金で運用される方向きとなる。

後場もこのまま日経平均は推移し明日以降は再び米国次第で乱高下する。ココロをかき乱されてはならない。

冷静に挑みたい。