市況一覧

NO IMAGE

暴落 7181 かんぽ生命保険 1789円

7181 かんぽ生命 1789円 年初来安値更新中。 既報の通り保険料の二重徴収や無理な契約を国民に押売り販売していたことが判明。相場は一気に崩れている。 もともと郵政省の事業の一環だったが民営化で政府も資金調達を画策、、一見、軌道に乗っていたかのように見えたがつまづいた格好だ。 NTTやJRの民営化で国有財産=国民の財産も体よく売却すれば、再び資金を得ることが可能であったが、そのあたりも今後、問題化するかもしれない。 さらに株式上場ではだいたい買わされた国民が損をしているという異常事態だ。 今回も4月に第二回目の売却を行っ...

記事を読む

NO IMAGE

円高進行を嫌気、一時日経平均170円安。

火曜の日経平均は海外情勢を見極める動きが強く日経平均は下げ基調。一時170円を超えて下げる場面もあった。終値は92円安の21,193円で引けている。 G20を控え、米中貿易問題が進展どころか後退観測が強く消去法的に円が買われ106円台後半に突入。主力銘柄が断続的に売られる展開で下げたもの。もっとも引けにかけては割安感に着目した買戻しや投信と見られる買いも入り下げ幅を縮める動きとなって終了している。 中東問題もイラン問題がどうにも進展せず米国は更なる経済制裁を発表している。 米中問題もイラン問題もトランプ政権としては時期、米大統領選に向い...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均27円高で終了。

週明けの日経平均は、重なる材料やG20を控えて売り買い交錯な展開となって終了している。 語り出したらキリがないのでニュースに任せたい。 当研究会関連では 5602 栗本鉄鋼所が 64円高 1421円 7305 新家工業   33円高 1478円 7702 JMS 10円高 692円(年初来高値698円 5803 フジクラ 388円 3円高 一方 根拠無く下げている銘柄群としては 4611 大日本塗料 42円安 1059円 4031 片倉コープアグリ 21円安 1059円 あたりが動いている。この...

記事を読む

NO IMAGE

追加金融緩和、ちゅうちょなく行う方向と日銀総裁。

今日の日経平均は米国の早期金利引下げ観測からドルが売られ円が買われる展開に。現在も107円台で推移している。 本来なら日経平均株価は大きく売られるパターンだが今回は米国株高を前提に日本株式が買われ+128円高の21462円で終了している。 今後、極端な円高には過敏に株価が反応する可能性もあるが、米株高が続くとの前提であれば日本株式も買われる可能性がある。 株式相場とは上げても、下げても後講釈で理由はなんとでもなる。まさに不思議な世界なのだ。日経新聞などは、必ず取材元も明らかにして、他人の発言をそのまま流用することが多い。 年末の日...

記事を読む

NO IMAGE

JDI 急落。一発アウトの可能性。

6740 JDLが急落している。最大800億円程度の資金調達を予定していたが台湾の1社が離脱表面。問題の根源は米中貿易摩擦に於ける液晶パネルの需要減、、というよりは中国生産そのものに暗雲が出始めていることにある。同社に責任は無いが経営資源の集中で乗り切ると判断した誤算は大きく最悪の事態を想定すべき事態だろう。 現在は 先週比 4円安の 53円で推移している。 年初来安値は経営危機が表面化した50円。すでに株価は接近しており新規ホールドは見送りとしたい。 官製ファンドの危うさがまともに出ている惨状だが2014年3月に公募増資(1株900円...

記事を読む

NO IMAGE

配当金199,213円  9305 ヤマタネ

ヤマタネも早速、総会案内と配当を送ってきた。高額なため簡易書留でやってくる。 9305 ヤマタネ 今日現在値 1375円 もともとは山種証券が発祥だが現在は倉庫業、賃貸業。米穀卸併営で手堅く稼ぐ企業だ。売上は500億円強で安定。利益も増益基調にある。1株純資産3550円。配当は年50円。東証アローズ近くに商業ビルを数多く持ち再開発が進めば相当の恩恵を受けるとされている。そうだろう、創業家は商品相場、、米相場で稼ぎ、証券でも稼いだ山崎種二だからである。ただ名門はいまや過去の話。 今後も再開発のたびに物色されることになるがいつになる...

記事を読む

NO IMAGE

配当金376,114円  4615神東塗料

3月決算の株主総会案内が続々と来ている。その中で、配当は確定事項として配当金を送って来る会社もある。同社もそのひとつ。 赤字、黒字トントンの会社だが親会社は住友化学、実質無借金経営で1株純資産は520円としっかり配当も5円だが業績がいま一歩。。。これが現在の株価低迷の原因なのだが。。。。。

記事を読む

NO IMAGE

6343フリージマクロス、8025ツカモトコーポに接近か。

8025 ツカモトコーポレーション 現在1010円で推移。 すでにホールド中で研究銘柄が参考銘柄でアップしようとしていたところ株主総会の通知が到着。。パラパラめくって配当30円確定だけを確認していたら、気づいてしまったので一応アップすることにした。 会社四季報2019年1集には出ていない株主が3月末現在の大株主3位に浮上。現在3%強保有のため大量保有報告書にも出ずひっそりと。6343のフリージアマクロスが登場。今週発売の会社四季報2集には掲載予定だがマイナーな銘柄のため気付かぬ人が大半だろう。 フリージアは度々、豊富な資金源と与...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均110円高で終了。

週末金曜の日経平均は米国市場が安定して推移していることや円安進行を好感、小幅ながら上げて終了した。 もっとも景気指数の基調判断は2か月連続で悪化。米中貿易摩擦問題に絡み製造業を中心に実態経済への影響が出始めている。今夜発表の米雇用統計を控え市場は買い控え傾向が目立っている。 短期終結と睨んでいた米中貿易問題も次第に本格化する中で生産拠点を他国に動かす動きや製品開発のスローダウン、延期なども見られ、設備投資にあたり機械、半導体メーカーの株価は重い。 目立ったところではGSユアサが自動車電動化に向けて電池生産、供給をトヨタと協業することあた...

記事を読む

NO IMAGE

株億3号ファンド

今日の日経平均は米国市場の大幅高を受け大幅に反発、上げ幅は300円中盤を維持している。買われていると言うよりも買戻しの感が強い。 米国の金利引下げ観測に加え豪でも金利引下げが実施されるなど米中に端を発した警戒感は各国、相当神経質になっている。 日本は量的緩和を続行で国債などは在庫切れするのではないかと思うほど買い込んでいる。もっとも政府は資金が足りなければ直接日銀にファイナンスを依頼しているに等しい。禁じ手だがいつのまにか当たり前のようになっている。 それでもインフレが起きないのはヒト、モノが動かないからである。 このまま株価が安...

記事を読む