研究銘柄一覧

NO IMAGE

7261マツダ 新規で買い 841円

本日の売買 7261 マツダ 841円 新規で 50,000株 買い 海外売上比率80%超えの自動車メーカーだ。旧東洋工業、過年に2度経営危機を経験するも幅広く金融支援を受け立ち直った経緯がある。 ロータリーエンジンの開発やエンジンのアイストップなど独自の強い技術力もあり一定の評価がある。粘り強い技術を展開している事は業界でも有名だ。 2017年10月にトヨタと資本提携、新株を1株1566円でトヨタに発行している。持株は5%に過ぎないが、SUBARU同様次第に出資比率を引上げるとの観測や思惑もある。 トヨタの生産技術取得や今後の自...

記事を読む

NO IMAGE

7261 マツダ 下方修正で売り継続。

7261 マツダ 890円(先週比-22円)で推移。 マツダの株価が冴えない。米中貿易問題やメキシコ工場生産問題で懸念材料が残る中、新型肺炎、生産調整、在庫調整などで下方修正を発表。 これを契機に野村証券がレイティングを目標株価670円と700円から引き下げたことが影響しているとされている。 欧州規制の強化やアジア市場での売り上げ不振で来期、2021年3月期も低調としている。業績の悪化傾向が5年も続き悲観論もあるということだ。 株価もここ5年は右下がり年初来安値855円に接近している。年初来高値は1370円。 PBRは0.4...

記事を読む

NO IMAGE

7211 三菱自動車 急落19円安、435円で終了。

既報の通り三菱自動車がドイツ当局より排ガス規制問題で指摘を受け株価が寄り付きから急落。 終値は19円安の435円で終了している。年初来安値412円を下回ると底抜けの可能性がある。 同社は経営不振の中、日産自動車と提携、実質、ルノー三菱連合にカルロスゴーン主導で再建中だ。ところが本業回復が追い付かない中、日産ゴーン問題が発生しさらに経営に不透明感が出ている渦中に今回の問題が起きた格好だ。 海外売上比率80%を超える同社の先行きには暗雲が漂っている。 財務、業績面から見ていると 1株純資産は568円。PBRは0.77倍。PERは...

記事を読む

NO IMAGE

利益確定5803 フジクラ 365万円

12月13日 本日の売買 5803 フジクラ 419円買い→491円買い 50,000株 利益 365万円(税・手数料込) 光ファイバーに強い電線国内大手。フレキシブル基板生産では世界有数。海外比率が60%を超える老舗だ。米中貿易戦争の影響で注力する中国で想定超の受注減。さらに価格競争に巻き込まれ業績が悪化した、、これが2020年3月期の概況となる模様だ。 配当も当初より10円減配予想をしており14円→12円→10円と配当性向としては正しいが投資家の心象は悪化してきたことは事実だろう。株価も2018年1月に1184円の高値を付けて...

記事を読む

NO IMAGE

大幅続落、、例えば神戸製鋼所、三菱自動車。

決算発表が続く中で一喜一憂の展開が続いている。上方修正発表銘柄は概ね買われ、市場予想通りか下方でも自社株買いか増配傾向なら買われる銘柄が目立っている。 一方、単純に下方修正の銘柄は大きく売り込まれている。 例えば 5406神戸製鋼所 583円(前日比34円安)。通期で赤字転落を発表。配当も未定を継続とあり無配懸念から売り優勢で終了している。もっとも配当計画は10円であり同社にとってその程度は、はしたカネであり計画通りと予測している。PBRもすでに0.28倍とベンチマークを失う安さだ。過日も同社をアップしているが年初来安値に向かうのであれば中期...

記事を読む

NO IMAGE

6501 日立 259円安 4025円で推移。

今日の日経平均株価は20年3月期の中間決算発表を睨み神経質な展開が続いている。上げ幅も50円前後だ。 主力で目立ったところでは6501 日立製作所 7‐9月期の営業利益が前年同期12%落ち込んだ1728億円の計上にも関わらず大きく売り込まれている。昨日、ホンダ系の自動車部品関連で経営統合を計り買われたがすっかり消えた格好だ。 もっとも消却前で同経営統合で700億円程度の増益要因との観測がある。新高値4300円に対して安値2792円と現在の株価は上げ潮で利益確定の売りで下げているという局面もあるだろう。 現在の株価でPBRは1.16倍。P...

記事を読む

NO IMAGE

ストップ高!4615 神東塗料 226円 50円高

今日の日経平均は円安進行や上海総合指数の上昇を受け、終値は212円高の21,587円で終了している。 ただ米中貿易協議の閣僚級協議を不安視する動きや米中の実際の景気停滞観測も強く、株式市況は足取りの重い状態が続いている。 もっとも米国による金融緩和期待は依然、根強く、、というか最期は日本に倣い大胆な金融緩和に踏み切る可能性が高く米国株式は史上最高値圏にあるが下落を心配する向きは余りない。 サブプライムローン問題では米国はすべてのサブプライムを実質的に引き受ける大胆な金融緩和で実績があるため、万が一の際は一気に動くという想定が投資家に強い...

記事を読む

NO IMAGE

6740 JDI  再び経営危機到来。

6740 JDI 61円 (現在値) 日立、東芝、ソニーの液晶部門が経営統合。2014年に上場を果たすがその後は惨憺たる状況が続いている。日本の液晶技術を守るといった日の丸根性が裏目に出て現在に至っている。 まず株主不在と経営者不在が根底にある。国が母体のINCJが筆頭株主となり経営サイドは何かあっても国が面倒を見てくれるだろう、、、といった資本主義の機能が全く働かなくなったという経緯がある。資金が不足すればひたすら資金援助を受けることが当たり前になっていたのだ。さらに主力商品が中小型のディスプレイのみといった集中と選択の決定的なミス...

記事を読む

NO IMAGE

研究銘柄 6205 OKK 690円

6205 OKK 本日終値 690円 関西地盤の独立系、工作機械メーカー。海外比率40%。MC機械主力だが米中貿易戦争で受注減、当期業績が未達の可能性が高い。 売上が240億円ほどの中堅で競合も多く薄利で経営が続いている。部品や周辺関連で利益を稼ぐ状態だ。それでも黒字化を毎年達成し配当も20円を実施している堅実企業だ。 財務も好調だ。2017年10月に株式の10対1の併合を発表。時価総額が53億程度ともはや小型に属する。自己資本比率64%、利益余剰金も50億円強、有利子負債が14億しかないため実質無借金経営が続いている。。1株純資産も2...

記事を読む

NO IMAGE

ストップ高!7769リズム時計工業 150円高。

22000円台維持を狙う?マーケットだが世界各国の金融緩和発表を受け日本市場もプラス圏で維持していいる。 そんな中、やはり想定していた出来事が発生している。市場では一切注視されていないが研究銘柄としてアップしたい。 7769 リズム時計工業 1082円 150円ストップ高。 旧シチズン系の時計会社。シチズンの経営方針変更でリズムを子会社から放出。余剰資金でシチズンから株式を長年にわたり買取り、2017年10月に410万株(併合前で4100万株)、2018年6月に100万株(併合後)を一気に消却。1株純資産が激増。現在は3321円...

記事を読む