NO IMAGE

業務停止命令へ。1435  TATERU 

1435 TATERU 188円 前日比-43円安。 営業スタイルが従来の対面式からネット営業に切り替わり時代を象徴するような不動産・建設業であったがアパート購入希望者、、、ローン希望者の預金残高を多く見せかけるなどの不祥事が発覚。 要は与信の低い人物に銀行ローンを実行させてアパート経営をさせるといった商法だった。 一見、落着に見えたが昨日、国土交通省が業務停止命令を出すと発表。詳細不詳ながら寄り付きから売り先行。大幅安で引けている。 2018年5月に公募増資を1株1951円で行っており、それ以降、株価は下げ続け今回の事態が起きて...

記事を読む

NO IMAGE

JDI 急落。一発アウトの可能性。

6740 JDLが急落している。最大800億円程度の資金調達を予定していたが台湾の1社が離脱表面。問題の根源は米中貿易摩擦に於ける液晶パネルの需要減、、というよりは中国生産そのものに暗雲が出始めていることにある。同社に責任は無いが経営資源の集中で乗り切ると判断した誤算は大きく最悪の事態を想定すべき事態だろう。 現在は 先週比 4円安の 53円で推移している。 年初来安値は経営危機が表面化した50円。すでに株価は接近しており新規ホールドは見送りとしたい。 官製ファンドの危うさがまともに出ている惨状だが2014年3月に公募増資(1株900円...

記事を読む

NO IMAGE

配当金199,213円  9305 ヤマタネ

ヤマタネも早速、総会案内と配当を送ってきた。高額なため簡易書留でやってくる。 9305 ヤマタネ 今日現在値 1375円 もともとは山種証券が発祥だが現在は倉庫業、賃貸業。米穀卸併営で手堅く稼ぐ企業だ。売上は500億円強で安定。利益も増益基調にある。1株純資産3550円。配当は年50円。東証アローズ近くに商業ビルを数多く持ち再開発が進めば相当の恩恵を受けるとされている。そうだろう、創業家は商品相場、、米相場で稼ぎ、証券でも稼いだ山崎種二だからである。ただ名門はいまや過去の話。 今後も再開発のたびに物色されることになるがいつになる...

記事を読む

NO IMAGE

配当金376,114円  4615神東塗料

3月決算の株主総会案内が続々と来ている。その中で、配当は確定事項として配当金を送って来る会社もある。同社もそのひとつ。 赤字、黒字トントンの会社だが親会社は住友化学、実質無借金経営で1株純資産は520円としっかり配当も5円だが業績がいま一歩。。。これが現在の株価低迷の原因なのだが。。。。。

記事を読む

NO IMAGE

6343フリージマクロス、8025ツカモトコーポに接近か。

8025 ツカモトコーポレーション 現在1010円で推移。 すでにホールド中で研究銘柄が参考銘柄でアップしようとしていたところ株主総会の通知が到着。。パラパラめくって配当30円確定だけを確認していたら、気づいてしまったので一応アップすることにした。 会社四季報2019年1集には出ていない株主が3月末現在の大株主3位に浮上。現在3%強保有のため大量保有報告書にも出ずひっそりと。6343のフリージアマクロスが登場。今週発売の会社四季報2集には掲載予定だがマイナーな銘柄のため気付かぬ人が大半だろう。 フリージアは度々、豊富な資金源と与...

記事を読む

NO IMAGE

研究銘柄 8585 オリコ 終値112円

8585 オリエントコーポレーション 本日終値112円 みずほ銀行系、伊藤忠とも提携するオートローン大手。過年の消費者金融、貸出し分野で過払い金が発生。ようやく桁違いの支払が終了する間際にある。一連の問題の流れでみずほ銀行が抜本的に支援を決定。現在に至っている。優先株の発行も続き潜在株数も想定超となり増資と減資を繰り返し2007年6月には株式2対1の併合も行うなど、投資家は散々な目に会ってきたことになる。当期の自己資本比率は4.7%と厳しい。 現在も17億株程度の発行数があるので早晩10対1程度の株式併合があるかもしれないが発表な無く...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均110円高で終了。

週末金曜の日経平均は米国市場が安定して推移していることや円安進行を好感、小幅ながら上げて終了した。 もっとも景気指数の基調判断は2か月連続で悪化。米中貿易摩擦問題に絡み製造業を中心に実態経済への影響が出始めている。今夜発表の米雇用統計を控え市場は買い控え傾向が目立っている。 短期終結と睨んでいた米中貿易問題も次第に本格化する中で生産拠点を他国に動かす動きや製品開発のスローダウン、延期なども見られ、設備投資にあたり機械、半導体メーカーの株価は重い。 目立ったところではGSユアサが自動車電動化に向けて電池生産、供給をトヨタと協業することあた...

記事を読む

NO IMAGE

株億3号ファンド

今日の日経平均は米国市場の大幅高を受け大幅に反発、上げ幅は300円中盤を維持している。買われていると言うよりも買戻しの感が強い。 米国の金利引下げ観測に加え豪でも金利引下げが実施されるなど米中に端を発した警戒感は各国、相当神経質になっている。 日本は量的緩和を続行で国債などは在庫切れするのではないかと思うほど買い込んでいる。もっとも政府は資金が足りなければ直接日銀にファイナンスを依頼しているに等しい。禁じ手だがいつのまにか当たり前のようになっている。 それでもインフレが起きないのはヒト、モノが動かないからである。 このまま株価が安...

記事を読む

NO IMAGE

米FRB金利引下げへ。

4日火曜の日経平均は内外情勢の流れを引き継ぎ続落して推移している。下げ幅は現在、日経平均ベースで100円前後だ。 米FRBの金利引下げ観測を受けドル売り円買いが加速、数年ぶりに1ドル107円台をつけている。 未曽有の金融緩和をなんとか正常に戻そうとする米FRBだったが、トランプ政権による強引な対中政策やメキシコへの保護貿易関税実施を受け、経済減速に一手先を打とうという考えだろう。 妥当な判断だがこの25%という関税を本格的に実施、実態経済に影響が出始めると相当の打撃を米国自身が受けることになる。 口先介入が効かなくなったトランプ政...

記事を読む

NO IMAGE

世界経済混乱の序曲か。

週末金曜の日経平均株価は米国によるメキシコ関税観測を嫌気して急落して終了した。メキシコに工場を置くマツダが急落、日産、トヨタも安値引けしている。 トランプ政権は無神経に関税を掛ける選択を取っているが、米国国内の企業が部品供給や物流を担っていることも多く、自動車などは米国内のサプライチェーンが壊れる可能性も出てきている。 米国の自動車業界、、フォードやGMといった会社はそもそも企業競争力が弱い、、これをテコ入れせず米国のクルマを買わないことが相手国サイドの努力不足であるといった判断がそもそも間違っているのだが国民受けするため安易な方向に話が進ん...

記事を読む