NO IMAGE

令和元年 時間外取引概況。

令和が始まって4日目、朝の時間外取引概況。 日経平均株価先物CME(円建て) 終値216円高 22,475円 NYダウ平均株価先もCME      終値252ドル高 22,517ドル 為替 ドル円          111円(40銭円高) WTI原油先物 1バレル      61.86ドル 上海総合指数          15p高 3078p ビットコイン          62.8万(2.5万円高) といった感じで大きな動きはない。先月、通常経済状態で10日休場というのは経験が無く投資家の動きに注目が集まったが...

記事を読む

NO IMAGE

連休中の海外市況は静かな動きか。

10連休に突入した日本市場だが時間外相場の動きも含めて大きな動きはいまのところなさそうだ。株式先物も為替も小幅な動きに終始している。 日米首脳会談も無事終了。来月は令和後初の外賓となトランプ大統領日本訪問も実現し日米貿易問題は進展せずとも融和の動きは広がりそうだ。 急遽、ロシアを訪問し話題となっている北朝鮮金委員長の結果と言えばロシアに顰蹙を買い不発に終わったというのが正直なところだろう。ロシア、中国にとっては対米カードとしては使えるが、別に北朝鮮を陰で支えて世界の評判を落とすほどの義理はもはやないといったところが本音だろう。 米朝はす...

記事を読む

NO IMAGE

本日の売買(4月25日) トルコ・リラ建ゼロクーポン債券 買い

トルコ・リラ建ゼロクーポン債券 72,500リラ分買い 2021年5月満期、2年物の債券を買い。今日の仲値で1リラ20.88円支払金額は円換算で145万5800円となっている。通常は債券には投資しない方針だが、ジャンク債に近い存在ながらも材料含有のため買いとしたもの。現在レートでの償還金額は同レートで180万強となっている。 トルコは地中海と黒海に挟まれ観光地としても有名だが米国との関係悪化で一気に財政問題が噴出。政策金利は実にロシア金利に近い7.5%から一気に24%まで上昇。困窮状態にある。 今回はアフリカ開発銀行が発行体となり2年で...

記事を読む

NO IMAGE

連休を前に低調な動きで推移。

今日の日経平均は連休を前に売り買い交錯で低調に推移して終了した。売買代金は連日2兆円割れ、業界としては閑散相場といったところだろう。終値は41円高の22.259円となっている。 原油高を反映して石油関連銘柄は堅調だったがその他は小動きだった。初めての10連休で売買しやすい商品先物やビットコイン、FXといった市場に資金が流入されているとの観測もある。 もっとも連休中は特段の事態は起きにくいとする機関投資家も多く、売買を控えているが大きく売り越す動きもない。 と言うのも連休明けは3月期決算企業の発表が続き、その結果を見てから動いても遅くない...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均5日ぶりに反落で終了。

木曜の日経平均株価は5連騰明けとあって売り買い交錯、材料難の中187円安の22090円で引けている。22000円を割込むようだとテクニカルの売りも出て大きく動き可能性もあるが、明日以降に持ち越した格好だ。 米中、米朝、日中、欧米とどれも経済関係で問題が山積みで先行きが見えない。米国の焦りと傲慢さが一気に出ている格好だが、米国とはそもそもそういった国だ。 やっかいなのは経済問題や中長期で解決する問題を米大統領がツイッターで表面化させ、一言で合意、破棄を繰り返すことにある。政治問題と経済問題は当然、密接であるべきだが官の事務方との擦りあわせが重要...

記事を読む

NO IMAGE

5Gインフラ投資を材料に日経平均続伸、前場67円高

先行き不透明感が強いとする世界経済の潮流だが株式市場は高値追いを続けている。足元はさすがに高値で不安定だが上げる要素が底堅いためだ。 まずは国内では既報の通り通信インフラ5Gが総務省主導で遅ればせながら動くことが大きい。すでにキャリア3社には枠が付与されて一気に動きことになる。 結果は今後、明暗が出るだろうがビジネスチャンス拡大を伺う企業群も多い。キャリア3社以外で筆頭格6702富士通、6701NECあたりの主力企業に目先が向いている。ここから下は通信関連の企業がズラリと並ぶとの観測だ。 総務省は経済効果を約47兆円と見ており、並みの経...

記事を読む

NO IMAGE

週末の日経平均株価159円高で終了。

週末金曜日の日経平均は寄り付きから方向性を欠く展開でスタート。為替が円安方向に振れるも材料視されず。 先物も買われる中、値がさ株が買われ日経平均を底上げした感はある。ファーストリティリングやソフトバンクが値を飛ばし、米ファンドに再び買われているソニーも高かった。 そろそろ連休前モードで持ち高調整の売りが出やすい地合いもあった模様だ。 連休明けは決算発表が相次ぎ、結果を見てから動くといった投資家も多いように思う。 5月のゴールデンウイーク10連休を前に連休中にホールドのままか一旦、キャッシュ化で待機か投資家でも方向が分かれている。不...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均115円安。21687円で終了。

とりたてて材料が無い中、小口の売りでじり安の展開だった。打診買いも散発的に入ったが上げにまではつながらなかった模様だ。 今日で4日連続で売買代金2兆円割れで機関、個人とも様子見気分が強い。 米中間の貿易摩擦懸念のほかにEU対米国にも貿易摩擦問題が発生で市場は疑心暗鬼といったところだろう。 ダメ押しは国際通貨基金(IMF)の世界経済成長率の下方修正がリスクオフの姿勢を強めている。一方、悪材料が出ても下げが限定的に終わる理由としてはヘッジファンドが大規模な空売りを出しにくいという状況もある。 経済がいくら悪化しても魔法の力で金融緩和を...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均、気迷い気分強い展開。

火曜、寄り付き前場の日経平均は持ち高調整の売りに終始し小安く動いている。現在31円安、21729円で推移している。 実態経済の悪化観測を受け一部の内需関連に断続的に売りが出ているが大幅な売りではない模様だ。 一方、元号改定に合わせて新紙幣発行との材料にはグローリーや日本金銭機械といった両替機製造メーカーは需要を先取りする形でストップ高となっている。 日本は世界でも類を見ないタンス預金大国とされ換金、交換で新たなる需要が出るとの予想もある。キャッシュレス化が進む中で景気を底支えする可能性もあるだろう。この内容は今年のトピックスとなるだろう...

記事を読む

NO IMAGE

週明けの日経平均は45円安で終了。

週明け月曜の日経平均株価は材料難の中、一進一退の動きで終了。為替が円安方向に振れたものの買い材料視はされなかった模様だ。 一方、株式市況に比べ商品市場は活況で原油価格をはじめ貴金属、そのた商品も続伸で引けている。 マザーズ系の一部に買いが入っていることが目立っていた。 4588 オンコリス 313円高 2065円。 4592 サンバイオ 502円高 3340円 2351 ASJ  400円高 2311円 6031 サイジニア 150円高 1059円 いずれも材料を囃した動きだが、一部、顧問投資業等の煽りもあり注意...

記事を読む