NO IMAGE

研究銘柄 5563 新日本電工 195円

日本製鉄系の合金最大手。南アフリカにマンガン鉱山権益等あり資源材料獲得に意欲的。ただ市況に商材が振り回されるため業績は安定しているものの業績の下方修正を繰り返したり常に見通しが厳しい。 財務内容が良好で自己資本比率は70%超え、実質無借金経営だ。12月決算企業で6月期に中間配当を行うかは未定だ。前期は中間期3円、期末で2円配当。これが下期の減配と判断され大きく売り込まれた経緯がある。 当期は一応、進捗状況は想定通りとあるが株価は冴えない。 1株純資産480円、配当5円を前提なら現状の株価は安いと判断できる。年初来安値は185円、...

記事を読む

NO IMAGE

株価堅調な裏で、パンドラの箱、再び開く。

今日の日経平均は為替が108円に戻したことで買い優勢。日経平均、終値は204円高の21620円で終了している。 内外情勢に懸念材料は残すもののマネーの行先がなく株式が買われている格好は変わらずだ。しかも日本市場は割安なため打診買いも入りやすいのだろう。 さて、本題へ。 既報の通り米国政府が米歳出・債務の上限金額を撤廃したとある。2020年度は約35兆円、2021年も35兆円引き上げる。これに金融緩和が乗るため当分、株価の底支えにはなりそうだ。しかし米国の財政悪化もいよいよ返済不可能な水準に達しており再びパンドラの箱を開いてしまった格好だ...

記事を読む

NO IMAGE

参考銘柄 7238 曙ブレーキ ストップ高。

経営再建中の曙ブレーキが一時ストップ高の166円をつけた。ファンドの拠出による再建進捗状況を好感しての上げだ。 同社は事業再生ファンドのジャパン・インダストリアル・ソリューションズから200億円を第3者割当増資で調達の発表をしている。その後、ストップ高から一転して売り気配、現在は26円高の142円で推移している。 プラス面から考えれば事業の再生の第一歩となり業績も大底、あとは事業を再びに軌道に乗せればOKといったところだろう。 マイナス面から見ると同ファンドの有限責任組合に対して1株100万円の優先株を2万株発行とある。金利が高利で4~...

記事を読む

NO IMAGE

暴落 7181 かんぽ生命保険 1789円

7181 かんぽ生命 1789円 年初来安値更新中。 既報の通り保険料の二重徴収や無理な契約を国民に押売り販売していたことが判明。相場は一気に崩れている。 もともと郵政省の事業の一環だったが民営化で政府も資金調達を画策、、一見、軌道に乗っていたかのように見えたがつまづいた格好だ。 NTTやJRの民営化で国有財産=国民の財産も体よく売却すれば、再び資金を得ることが可能であったが、そのあたりも今後、問題化するかもしれない。 さらに株式上場ではだいたい買わされた国民が損をしているという異常事態だ。 今回も4月に第二回目の売却を行っ...

記事を読む

NO IMAGE

やはり急落 5612日本鋳鉄管 198円安。

5612 日本鋳鉄管 1342円(-198円安) 水道工事新手法のシステムを開発し早速、川崎市から採用決定のリリースから急騰。更に時価総額が20億円未満となり2部に降格する猶予期間に入っていたが時価総額復活で1部に残留が決まった、、、この2材料で株価は大底の601円から一気に先週末には1950円まで株価は駆け上がった。 先週木曜に1681円で損切したが、金曜の終値は1540円と安値引け。今日の動きに注目が集まっていたが結果、終値は-198円安の1342円で終了している。 おそらく高値掴みのホルダーが多数いると思われるが明日以降も注視が必...

記事を読む

NO IMAGE

5612日本鋳鉄管 暴騰の裏で損失確定。

日本鋳鉄管 1800円買い→1681円ストップ高 売り 5000株 (損失 税手数料込 概算620,000円) 5612日本鋳鉄管 以前にポートフォリオに組み込んだがタイミングが悪く買値が1800円だった。その後、株式併合や特損計上、無配転落と悪材料が重なりチャートの通り下落基調に巻き込まれてしまった。早く損切すべきだったのだが惰性でホールド。結果、株価は600円まで実に半値八掛け二割引き水準。単純計算で600万円強の損失を抱えていたもの。先日、この件について書き込んで(別途再掲参照)対処するつもりでいたが、同社の好材料が2件続き一気に買いが...

記事を読む

NO IMAGE

配当金 517,953円 7305 新家工業

7305 新家工業 本日終値1498円 この銘柄も会社側の言うステークスホルダーになってしまったが含み損を抱えたまま時が流れてしまった。 2019年3月期は1株配当65円だった。同社は1株利益に対する配当性向を決めていないが100円配当でも問題はなく株価を底上げするには課題が残っている。6期連続を達成しており業績は好調だ。 では会社概要から。 1919年11月設立なので今年11月で創業100年にあたる。本社は大阪で建材、鋼管関連、自転車のリム製造で有名だ。手堅い経営で知られるが事業内容が地味で投資家から人気がない。 ...

記事を読む

NO IMAGE

3日連続ストップ高。 5612 日本鋳鉄管 1025円

先週の19日、水曜に5612 日本鋳鉄管を617円で超割安銘柄としてアップしている。詳細は参照いただきたいが、 何かの拍子で一気に来る可能性、、、この表現がピタリとはまり3日ストップ高で1025円買い気配で推移している。 同社は今週、水道管工事現場での新工法『オセール』を発売。地味な事業ながら革新的工法で大幅な作業削減可能とのリリースが内容だ。7月1日より正式発売とのことだ。 株式市況が好調ならこの程度の材料で上げることはあまり無いのだが材料難、手詰まり感が強い中で一気に買いを集めている。 さらに東証1部の超小型銘柄、株価は半値八...

記事を読む

NO IMAGE

配当金 239,055円  6121 滝澤鉄工所

6121 滝澤鉄工所からも配当がやってきた。2017年10月に10対1の株式併合をしてから株価は冴えない展開が続いているが、会社の中身は堅実そのものだ。 一応概況だけ。 6121 滝澤鉄工所 岡山地盤の中堅工作機械、NC旋盤機等のメーカーだ。東証1部での小型に属する。時価総額は100億円程度だ。売上は250億円台から300億円に達する勢いはある。 1株純資産2561円、、逆算するとPBRは0.53倍にすぎない。投資先として人気が無いためにPERも6倍台と低調。自己資本比率は45%と堅調だ。利益余剰金から有利子負債を引くと80億円...

記事を読む

NO IMAGE

円高進行を嫌気、一時日経平均170円安。

火曜の日経平均は海外情勢を見極める動きが強く日経平均は下げ基調。一時170円を超えて下げる場面もあった。終値は92円安の21,193円で引けている。 G20を控え、米中貿易問題が進展どころか後退観測が強く消去法的に円が買われ106円台後半に突入。主力銘柄が断続的に売られる展開で下げたもの。もっとも引けにかけては割安感に着目した買戻しや投信と見られる買いも入り下げ幅を縮める動きとなって終了している。 中東問題もイラン問題がどうにも進展せず米国は更なる経済制裁を発表している。 米中問題もイラン問題もトランプ政権としては時期、米大統領選に向い...

記事を読む