ダウ平均株価一覧

NO IMAGE

株式資産25%減少。2018年末現在。

一喜一憂した2018年だったが結果、日経平均は20014円(前日比ー62円安)で終了している。米ダウ平均は76円安の23062ドルで終了。 日経CME先物も2万円を割れていたが31日8時18分現在115円高の20030円で推移ている。 為替は110円中盤、WTI原油先物も45ドル台と安定している。 しかし11月あたりからの国内市場の株式は売られ大きく値を崩したことになる。年末株価23500を最低ラインと読んでいたので3500円近く下回ったことになる。 これに伴いポートフォリオも大きく毀損した。大納会ベースで総評価額の25%を失って...

記事を読む

NO IMAGE

いよいよ3月相場へ。日経平均は22000円乗せへ。

先週末の米国市場がダウ平均で350ドルほど上げて終了、日経シカゴ先物も小高く終了したことから 日経平均は22000円に乗せ一進一退の動きと予想している。 米国の経済指標発表が相次いで続くことやオリンピックが終わり再び北朝鮮情勢の動きに神経質になる場面もありそうだ。 トピックスとしては元FRB議長のバーナンキ、前FRB議長のイエレン議長の異例の会談が予定されている。さらに下院で半期に一度の現FRB議長のパウエルの議会証言に注目が集まっている。 と言うのも同時に3代の米国の金庫番が同日に話すといったことがないため市場では金融政策について何等かの動...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均株価300円を超える下げで前場推移。

木曜の日経平均は今朝のNYダウ平均株価下落を嫌気して300円超える下げで推移している。 為替動向は1ドル107円前半を維持している。 本来なら今日の、後場あたりに日銀のETF買いで反発するところだが最近は先読みを許さない感がある。上げ潮に乗って買い参戦するといったことも多いように思う。 新聞、メディア等で日銀のETF買いが日銀そのものの財務が万が一の株価急落の際、毀損するのではといった内容を目にするが、現在の政策はバイホールド(買いっぱなし放置)であり出口戦略など白紙という勢いだ。この点は不安はないだろう。 むしろ日銀の買いが安心感を与え...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均マイナス200円前後で推移。

今日の日経平均は利益確定の売りと持ち高調整の売買で推移している。24000円の高値から見れば安いし20000円から見ればすでに高値圏との判断も出来るということだろう。 ただ3月配当を意識した買いは今後、情勢に変化がない限り起こるはずで日経平均全体もジリ高で推移と判断している。 当3月期の配当は全体で13兆円超との想定もあり、すべてが個人の財布に入るわけではないが、一昔前の公共事業投資を思い起こせば相当な金額だ。並みの景気対策よりすでに優れていると言うことになる。 経営者サイドも自社株買いと増配で株主に向き合い、所在不明のファンドや悪名高きTOB...

記事を読む