トランプ一覧

NO IMAGE

週明けの日経平均は小高く推移。

週明けの日経平均は小高く推移している。為替が1ドル114円に近い円安水準を支えに先物主導だが買いが断続的に入っているとしている。 一方、概ね出揃ってきた三月決算企業の中間決算、、、会社想定と合致していても市場予想、コンセンサスが下回ると叩き売られる傾向も顕著だ。 一流企業でありながら一日の下げ幅が10%超えは当たり前になってきている。PBR1倍(1株純資産)割れ、一桁PERが当たりまえになっている。 逆に見れば絶好の買い場であることもわかる。昨年末以降からの上げ相場も帳消しとなった銘柄も多い。 今後の米国、中国、ロシア、中東、欧州...

記事を読む

NO IMAGE

週明けの日経平均は300円前後の下げで推移。

週明けの日経平均は先週の上げ幅1000円の利益確定の売りが出て300円程度の下げで推移している。ほど良い調整の範囲内だ。為替動向も113円と大きな動きはない。 世界はもっぱら米国の中間選挙に注目するが下院で野党共和党が過半数を握って上院とのねじれが発生しても大きな影響はないものと判断している。 先週木曜より米中貿易摩擦にトランプ政権による代替案用意のニュースから上げているが米朝問題でもあったように、政治的決定事項ではなくトランプのつぶやきがすべて万事、物事を動かしている。しかしこの手の話で動くのが株式市場であり債権市場でもある。彼が大統領でい...

記事を読む

NO IMAGE

米中、貿易摩擦を嫌気して日経平均急落800円を超える下げで推移。

米国が中国に仕掛けた保護貿易関税に中国も応酬するなどを嫌気して日経平均も800円を超える下げで推移している。リーマンショック以降、巨額な金融緩和でようやく立ち直りを見せた世界経済だが中心国の米国発の程度の低い政策対応で、再び世界経済、特に株式市場は混迷を極めるかもしれない。 更に経済指数だけで金融政策を決めるFOMCの金利引上げも株価にとっては明らかにマイナスだ。年3回0.25%づつ引上げ意向とあるが3%を超えれば再び経済は混乱するだろう。いまの時期に金利を引き上げることは無理がある。 一連の流れを受け為替市場も本来なら金利の高いドルへ資金が...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均450円超える上げ、大幅反発で推移。

今日の日経平均は下げ止まり感が出て一気に買戻しムードで推移している。今朝のダウ平均株価が反転したことに加え、為替動向が円安方向に振れていることも支援材料と見ている。 さらに3月1日に鉄鋼、アルミに対して保護貿易関税発動に署名するとしていたトランプ大統領だったがいま現在、サインは無いとされている。米国の恩恵を受ける業界団体以外からの反発が想定以上に大きいことや財界、政界、FRBあたりからも疑念の声が生まれ、動けないとするものだ。更に中国を筆頭にユーロ圏までもが報復関税発動意向とあり、簡単にできないことがいまさらトランプが知ったとの説もまことしやかに伝...

記事を読む