下方修正一覧

NO IMAGE

大幅続落、、例えば神戸製鋼所、三菱自動車。

決算発表が続く中で一喜一憂の展開が続いている。上方修正発表銘柄は概ね買われ、市場予想通りか下方でも自社株買いか増配傾向なら買われる銘柄が目立っている。 一方、単純に下方修正の銘柄は大きく売り込まれている。 例えば 5406神戸製鋼所 583円(前日比34円安)。通期で赤字転落を発表。配当も未定を継続とあり無配懸念から売り優勢で終了している。もっとも配当計画は10円であり同社にとってその程度は、はしたカネであり計画通りと予測している。PBRもすでに0.28倍とベンチマークを失う安さだ。過日も同社をアップしているが年初来安値に向かうのであれば中期...

記事を読む

NO IMAGE

本日売買 5563 新日本電工 159円

5563 新日本電工 159円 新規で50,000株買い 先週引け際に、迷ったが買い参戦とした。先週、第二四半期の下方修正と通期でも下方修正で赤字転落、通期でも無配(前期は5円配当)を発表。想定はしていたが厳しい内容だった。見切り売りが相当出たように思う。それでも信用の買い残が減らず短期で需給懸念は残っている。 新日本電工は日本製鉄系の合金最大手だ。市況品を多く扱うため業績のブレが大きく過年も再三にわたり下方修正を繰り返すなど、投資家から信用は無い。2014年に中央電工と合併したが業績は緩慢で一進一退。 それでも当時は期待値が高...

記事を読む

NO IMAGE

暴落!! 2928 RAIZAP 265円ストップ安 比例配分

2928 RAIZAP 265円連続ストップ安 比例配分 テレビコマーシャルで一躍有名になった札幌証券取引所に上場する『ライザップ』を中心に健康関連事業を行う。社長の山っ気の強さは有名だったが資金調達の能力に長けていたことから徹底したM&Aを実施。経営不振に陥った上場企業まで傘下に収めるなど事業は売上ベースで倍々の上昇で伸びていた。子会社数実に70社超。ハンパではないのだ。上場企業では 7448 ジーンズメイト 4833 ぱど 4650 SDエンターP3185 夢展望などだ。いずれも時流に乗った企業が再建に名乗りを上げたことから買収さ...

記事を読む

NO IMAGE

研究銘柄4092 日本化学 現在2691円

4092 日本化学 現在2691円(前日比ー70円安)で推移 無機化学では国内首位級。創業125年を超える老舗メーカーだ。化学品素材が事業骨子のため最終商品を扱う事業者が相手先となる。がん研究や素材研究、開発にも積極的。今後開花する材料として電池正極材が期待されている。その他、工場跡地で不動産賃貸業を手掛けるなど手堅い経営で知られる。 昨年10月に10対1の株式併合を行う。その結果、1株純資産4018円、配当が前期は記念配当を含め70円。当期も進捗通りなら60~70円配当計画だ。財務内容も良好で有利子負債125億に対し利益余剰金237...

記事を読む

NO IMAGE

研究銘柄 6444 サンデンホルディングス 997円(前日比-285円安)

6444 サンデンホールディングス 997円(前日比ー285円安) 海外売上比率70%超のカーエアコンコンプレッサーメーカー。世界シェアー2位。年間売上3000億円近くで安定している。2017年に224億円の赤字計上、前期は黒字転換配当も20円実施している。昨年10月に5対1の株式併合を行い株価も安定していた。1株純資産1674円、、、しかし有利子負債が多く自己資本比率が16%程度しかない。この規模の会社では設備投資や更新が多いため仕方無いが財務補強は同社にとっても課題だろう。 そういった中、昨日、中間決算発表を行い主要顧客の自...

記事を読む

NO IMAGE

ポートフォリオ(10月18日)現在 約2.8億円

連日乱高下する証券市場だが個人ポートフォリオの時価総額は比較的安定している。慎重すぎる結果、大きく動けないため売買が少ないことが要素として大きいかもしれない。金額が増えるにつれこの傾向は強くなるかもしれない。このポートフォリオの他にネット証券分のポートフォリオが乗るために時価総額の金額は2倍強となるが地味な売買で今後も利益を積上げる予定だ。 こうして見るとマイナス銘柄も多いのだが配当が年3%を超えるとキャッシュポジションの重要さを忘れて含み損のままホールドする傾向がある。これは今後、改めなければならない課題ではある。 株式投資とは実に難しいと...

記事を読む

NO IMAGE

研究銘柄 6798 SMK  終値325円(+3円高)

6798 SMK  本日終値325円 海外売上比率8割近い電子部品大手。主力はコネクター、タッチパネル。近年はスマホ向けにも注力するなど横展開で手堅い。しかし為替差損や在庫評価損なども発生し業績は厳しい。ここ数年、配当が14円→10円→8円と減配続きだ。9月に10対1の株式併合を控えており当期の配当予想が50円計画とあるので5円への減配と同じことになる。 ただ財務状況良好で自己資本比率は50%と安定、有利子負債172億に対し利益余剰金157億と堅調だ。1株純資産も463円と問題はない。 だが株価への評価は厳しい。 一昨日、...

記事を読む