割安株一覧

NO IMAGE

日経平均小動きで推移。

週末金曜の日経平均は小動きで推移している。米国市場が反転して終了したことが底支えとなっているが為替が106円台に進行。輸出関連を中心に上値が重い。 更に米国の景況感悪化で金利引下げ懸念が再び強まり、三井住友FGやみ三菱東京といった金融関連も下げ基調だ。 一方、小型株をで割安に放置されている銘柄を中心に打診買いが入っている。東証1部で見れば4615 神東塗料などは好例、今日は年初来高値181円をつけ現在も+9円高の176円で推移している。PBR0.33倍、PER10倍、配当が年5円、2.84%が支援材料となっている模様だ。 大型銘柄でも主...

記事を読む

NO IMAGE

研究銘柄 8029 ルックHD  現在1036円で推移

8029 ルックホールディングス 現在1036円(前日比-35円安) 旧レナウンルックで資本関係を解消し独立。婦人服中堅。 株式に長く関わっている投資家や関係者なら知る、旧仕手系の銘柄だ。現在と違い対面売買や電話注文が中心の時代に大手、中堅、地場証券を巻き込んで大騒ぎとなった銘柄だ。当時はHD化しておらす、単独のルック。業績とは関係なく一気に買い上がる手法は仕手の典型であり、参戦はしなかったが動きが激しく店頭が異常に白熱して盛り上がっていた記憶がある。最期は個人投資家はほぼ全員が大損をするのだが、それもまた相場で見ていて楽しい相場でもあった。...

記事を読む

NO IMAGE

研究銘柄 5204 石塚硝子 現在1955円

5204 石塚硝子 現在1955円で推移 愛知県発祥のガラス製造大手。この地域は陶器、磁器、ガラス製造メーカーが多いことで知られる。同社もガラス製造の先駆けだが、物流から始まった容器の軽量化は喫緊の課題として世界が取組んだため次第に取り残された格好だった。 これを受け、時流に合わせて同社もガラスからペットボトル製造へ進出。現在、硝子ビンよりもペットボトルの方が売上が多い。さらに社名が創業の石塚を名乗っているため、今後は社名変更も含めた可能性を持っている。 経営は想定超の手堅さで知られる。1株純資産6775円、配当は45円と堅調だ。ただ1...

記事を読む

NO IMAGE

会社四季報 2019年第1集 発売。

先週金曜日に会社四季報の2019年第1集が発売となった。恒例の話だが、内容が毎度、漏洩しており騒ぎにになることもあるが今回はあまり聞かない。 疑問符が付くほど株価が安い銘柄が多く、物色しようがないといったことが背景にあるかもしれない。 今日の相場展開を見てもわかるように日経平均はプラスでも個別で年初来安値をつける銘柄も目立っている。 要は誰も儲かっていないということだ。 今朝も何社かの証券会社から電話があったが前場引けて近くで追証が出ているという。売買するお客に対して追証は逆に借金取りのようになるわけで地場証券を中心に雰囲気が悪い...

記事を読む

NO IMAGE

本日の売買(11月15日) 3551 ダイニック

3551 ダイニック 811円 新規で5000株 買い 書籍用クロス大手。だが時代の非紙化が進み業績が横ばいで推移。インクリボンや海外向けにタグを生産販売し売上を伸ばすなどアジア圏を中心に開拓中だ。 一昨日、2019年3月期の中間決算を発表、減益であったことから徐々に売られ本日年初来安値803円をつけたため買いとした。会社側は通期の数字予想を据え置いている。 財務内容も良好だ。自己資本比率35%超。1株純資産2377円で株価換算でPBRは0.33倍まで低下。株価は極端に安い部類び入るだろう。配当も年25円と3%を超えている。 ...

記事を読む

NO IMAGE

週明けの日経平均は小高く推移。

週明けの日経平均は小高く推移している。為替が1ドル114円に近い円安水準を支えに先物主導だが買いが断続的に入っているとしている。 一方、概ね出揃ってきた三月決算企業の中間決算、、、会社想定と合致していても市場予想、コンセンサスが下回ると叩き売られる傾向も顕著だ。 一流企業でありながら一日の下げ幅が10%超えは当たり前になってきている。PBR1倍(1株純資産)割れ、一桁PERが当たりまえになっている。 逆に見れば絶好の買い場であることもわかる。昨年末以降からの上げ相場も帳消しとなった銘柄も多い。 今後の米国、中国、ロシア、中東、欧州...

記事を読む

NO IMAGE

研究銘柄 6444 サンデンホルディングス 997円(前日比-285円安)

6444 サンデンホールディングス 997円(前日比ー285円安) 海外売上比率70%超のカーエアコンコンプレッサーメーカー。世界シェアー2位。年間売上3000億円近くで安定している。2017年に224億円の赤字計上、前期は黒字転換配当も20円実施している。昨年10月に5対1の株式併合を行い株価も安定していた。1株純資産1674円、、、しかし有利子負債が多く自己資本比率が16%程度しかない。この規模の会社では設備投資や更新が多いため仕方無いが財務補強は同社にとっても課題だろう。 そういった中、昨日、中間決算発表を行い主要顧客の自...

記事を読む

NO IMAGE

研究銘柄 4615 神東塗料 終値230円

4615 神東塗料 終値230円 住友化学系の中堅塗料会社。同社が株式の45%を握るために実質子会社だ。売上も220億円強で業界としては存在感が全くない。本日、市場外で立会分売を行い1株229円であることからサヤ寄せして年初来安値の229円をつけている。信用貸借銘柄でもないため現物の需給で株価が動きがちだが業績、財務は好調と見る。薄利だが安定性は抜群といったところだ。株価はここ数年往来相場を続け今年1月に284円を付けていらいパッとせず緩やかな下げ曲線を演じている。 1株純資産541円、配当は年5円。実質無借金経営だ。同社の欠点は先行きに発展...

記事を読む

NO IMAGE

研究銘柄 8411 みずほフィナンシャルグループ

8411 みずほフィナンシャルグループ 現在株価 190.9円 言わずと知れた3メガバンクの一角。実質金融監督庁の管轄下にあるので政府・日銀の金融政策や実行を求められる銀行だ。規模が大きすぎて数字を読み込みにくいが利益は経常段階で実に3兆円を軽く超える。 幾多の金融危機も乗り越え経営に問題は無いが国策のゼロ金利政策に追われ、利ザヤの確保が常に厳しい。日本の企業も資金直達の際、以前なら銀行経由が多かったが現在は株式市場からの調達や債券市場からの調達が一般的になり本来のニーズが少なくなってきている。利益構造の転換を求められているのだ。 住宅ローンに...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均昨日に続き600円を超える下げで急落。

米国の鉄鋼、アルミの貿易保護関税を嫌気して米国株もダウ平均で420ドルを超える大幅な下げて終了。これを受け日本平均株価も600円を超える下げで推移している。2日で1000円超も下げたことで今後、信用売買に於ける追加証拠金(=追証)の発生で一段安の懸念もある。やはり株式は現物投資に限るのだ。下げ局面を耐えられるのは現物組だけである。 後場、日銀のETF買いに期待したいところだが、へそ曲がりな当局の行うことで今日は放置プレーの可能性もある。 ところでなぜ、いまこういった極端な政策決定をしたのだろうか?答えはトランプ政権は今夏の中間選挙を控...

記事を読む