暴落一覧

NO IMAGE

買い除外銘柄 6366 千代田化工建設 382円ストップ安

6366 千代田化工建設 382円 ストップ安売り気配 三菱系の石油ガス系、総合エンジニアリングで国内2位の老舗。プラント設計は最終納期まで受注から時間がかかるため受注目標をベンチマークにしている。現在の目標金額は8000億円とある。6月末時点での受注残が6248億円であるから一見問題はなさそうに見える。 ただ売上が6000億円超から4000億円に減るなど厳しい。手堅い受注で赤字受注を避けているためだ。これは同業の日揮や東洋エンジにも言えることで、海外比率が80%も超えると人員管理、利益管理が非常にタイトで厳しいことを意味している。2...

記事を読む

NO IMAGE

米NY市場で、フェイスブック株、暴落!!

昨日のNY証券市場で米国の代表的な銘柄である、フェイスブック株が急落して終了した。2018年4~6月期の利益が市場予想を下回り通期も成長鈍化が原因とある。背景には3月に発生した個人情報漏洩の対策費が大幅にかかったことが大きいと現地記事は伝えている。 ネットビジネスの勝者も結局は世界中のハッカーとの戦いになり対応に応分のコストがかかるという証明になった格好だ。過年にはアップル株やインテル株といったハイテク関連も暴落を経験しており市場では想定内の動きとする苦しい見解もある。 しかし今回の下げは赤字転落でも無いのに下げ幅が市場最大だという。...

記事を読む

NO IMAGE

米中、貿易摩擦を嫌気して日経平均急落800円を超える下げで推移。

米国が中国に仕掛けた保護貿易関税に中国も応酬するなどを嫌気して日経平均も800円を超える下げで推移している。リーマンショック以降、巨額な金融緩和でようやく立ち直りを見せた世界経済だが中心国の米国発の程度の低い政策対応で、再び世界経済、特に株式市場は混迷を極めるかもしれない。 更に経済指数だけで金融政策を決めるFOMCの金利引上げも株価にとっては明らかにマイナスだ。年3回0.25%づつ引上げ意向とあるが3%を超えれば再び経済は混乱するだろう。いまの時期に金利を引き上げることは無理がある。 一連の流れを受け為替市場も本来なら金利の高いドルへ資金が...

記事を読む

NO IMAGE

本日の売買 (3月5日) 7●14、現在買付中、未約定。

今日も日経平均は下げている。今週は日経平均が21000円を割込む場面もありそうだ。為替が1ドル105円台が値がさ株を中心に痛いとある。果たしてそうだろうか?だとするとドル建ての米国株などはNY市場も株価が下げ、円高だから2重に割安感が強いことになる。あるいは米国債券も中期で面白かもしれない。 そんな中、1銘柄発注を出している。 7●14 同社は世間の大枠で言うと情報関連になると思うが実態は内需向けの業界3位企業だ。1株純資産7000円超え、PBRは0.42倍、PERは10倍と買わない理由が見当たらない。一方、同業種は斜陽産業とも言われ投資家の...

記事を読む