自社株買い一覧

NO IMAGE

大幅続落、、例えば神戸製鋼所、三菱自動車。

決算発表が続く中で一喜一憂の展開が続いている。上方修正発表銘柄は概ね買われ、市場予想通りか下方でも自社株買いか増配傾向なら買われる銘柄が目立っている。 一方、単純に下方修正の銘柄は大きく売り込まれている。 例えば 5406神戸製鋼所 583円(前日比34円安)。通期で赤字転落を発表。配当も未定を継続とあり無配懸念から売り優勢で終了している。もっとも配当計画は10円であり同社にとってその程度は、はしたカネであり計画通りと予測している。PBRもすでに0.28倍とベンチマークを失う安さだ。過日も同社をアップしているが年初来安値に向かうのであれば中期...

記事を読む

NO IMAGE

ストップ高!4615 神東塗料 226円 50円高

今日の日経平均は円安進行や上海総合指数の上昇を受け、終値は212円高の21,587円で終了している。 ただ米中貿易協議の閣僚級協議を不安視する動きや米中の実際の景気停滞観測も強く、株式市況は足取りの重い状態が続いている。 もっとも米国による金融緩和期待は依然、根強く、、というか最期は日本に倣い大胆な金融緩和に踏み切る可能性が高く米国株式は史上最高値圏にあるが下落を心配する向きは余りない。 サブプライムローン問題では米国はすべてのサブプライムを実質的に引き受ける大胆な金融緩和で実績があるため、万が一の際は一気に動くという想定が投資家に強い...

記事を読む

NO IMAGE

ストップ高!7769リズム時計工業 150円高。

22000円台維持を狙う?マーケットだが世界各国の金融緩和発表を受け日本市場もプラス圏で維持していいる。 そんな中、やはり想定していた出来事が発生している。市場では一切注視されていないが研究銘柄としてアップしたい。 7769 リズム時計工業 1082円 150円ストップ高。 旧シチズン系の時計会社。シチズンの経営方針変更でリズムを子会社から放出。余剰資金でシチズンから株式を長年にわたり買取り、2017年10月に410万株(併合前で4100万株)、2018年6月に100万株(併合後)を一気に消却。1株純資産が激増。現在は3321円...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均続落で推移 現在94円安。

今日の日経平均は世界的経済環境の悪化や地政学的リスク、露骨な自国本位主義が台頭するなど不透明感が満載、下げで推移している。 年初来安値の銘柄も多く出ており後場には相当な追証が出る見込みだ。機関投資家、個人投資家も含め市場に警戒感が強く買いたくても買えない状況が発生している。 国内経済は中期的に問題山積だが株式を大きく売り込むようは材料は見当たらない。 株式市場の中ではすっかり蚊帳の外に置かれている日本市場だが、これは従前と同じスタイルだ。 では見出しだけでも拾うと、、、、今日だけでも。。。。 英国議会、10月13日まで閉会で...

記事を読む

NO IMAGE

研究銘柄 7769 リズム時計工業  

7769 リズム時計工業 875円(前日比-47円安) 以前はシチズン時計の子会社だったがシチズンの経営資源集中策でリズムを資本から離脱意向。これに従いリズムが長年にわたりシチズンから株式を買い取り株式消却を続け現在に至る。2017年10月に10対1の株式併合を行っている。 本日は全体市況の低迷から売込まれ年初来安値の873円をつけている。当期第一四半期の決算が概ね損益トントンで通期も変更無しとの判断から小口の売りが散発的に出ている状況だ。本日も年初来安値更新で終了している。 主力は時計関連、周辺部品、電子部品だがどれも...

記事を読む

NO IMAGE

株式資産25%減少。2018年末現在。

一喜一憂した2018年だったが結果、日経平均は20014円(前日比ー62円安)で終了している。米ダウ平均は76円安の23062ドルで終了。 日経CME先物も2万円を割れていたが31日8時18分現在115円高の20030円で推移ている。 為替は110円中盤、WTI原油先物も45ドル台と安定している。 しかし11月あたりからの国内市場の株式は売られ大きく値を崩したことになる。年末株価23500を最低ラインと読んでいたので3500円近く下回ったことになる。 これに伴いポートフォリオも大きく毀損した。大納会ベースで総評価額の25%を失って...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均74円安で終了。2万2千円台を維持。

週明けの日経平均は連休前の持ち高調整の売買に終始し小安く引けて終了した。北朝鮮問題で情勢の融和ムードもあったが市場も懐疑的な見方が大勢だ。核廃棄では米国も軍事上困るし北朝鮮の体制維持など世界が認めるはずもなく、この件は一時停止との解釈が正しいだろう。世界はいま、戦争をするかもしれない、、、この、しれないを大前提に動いている。どちらに転んでも思惑絡みで困るということだ。 為替動向も1ドル107円後半と安定している。3月決算発表を控え小動きなところも仕方ないと見ている。ただ上場企業では配当性向が低く、余剰資金が多いという例が多く株価は依然、割安状態に置...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均マイナス200円前後で推移。

今日の日経平均は利益確定の売りと持ち高調整の売買で推移している。24000円の高値から見れば安いし20000円から見ればすでに高値圏との判断も出来るということだろう。 ただ3月配当を意識した買いは今後、情勢に変化がない限り起こるはずで日経平均全体もジリ高で推移と判断している。 当3月期の配当は全体で13兆円超との想定もあり、すべてが個人の財布に入るわけではないが、一昔前の公共事業投資を思い起こせば相当な金額だ。並みの景気対策よりすでに優れていると言うことになる。 経営者サイドも自社株買いと増配で株主に向き合い、所在不明のファンドや悪名高きTOB...

記事を読む