自社株買い一覧

NO IMAGE

株式資産25%減少。2018年末現在。

一喜一憂した2018年だったが結果、日経平均は20014円(前日比ー62円安)で終了している。米ダウ平均は76円安の23062ドルで終了。 日経CME先物も2万円を割れていたが31日8時18分現在115円高の20030円で推移ている。 為替は110円中盤、WTI原油先物も45ドル台と安定している。 しかし11月あたりからの国内市場の株式は売られ大きく値を崩したことになる。年末株価23500を最低ラインと読んでいたので3500円近く下回ったことになる。 これに伴いポートフォリオも大きく毀損した。大納会ベースで総評価額の25%を失って...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均74円安で終了。2万2千円台を維持。

週明けの日経平均は連休前の持ち高調整の売買に終始し小安く引けて終了した。北朝鮮問題で情勢の融和ムードもあったが市場も懐疑的な見方が大勢だ。核廃棄では米国も軍事上困るし北朝鮮の体制維持など世界が認めるはずもなく、この件は一時停止との解釈が正しいだろう。世界はいま、戦争をするかもしれない、、、この、しれないを大前提に動いている。どちらに転んでも思惑絡みで困るということだ。 為替動向も1ドル107円後半と安定している。3月決算発表を控え小動きなところも仕方ないと見ている。ただ上場企業では配当性向が低く、余剰資金が多いという例が多く株価は依然、割安状態に置...

記事を読む

NO IMAGE

日経平均マイナス200円前後で推移。

今日の日経平均は利益確定の売りと持ち高調整の売買で推移している。24000円の高値から見れば安いし20000円から見ればすでに高値圏との判断も出来るということだろう。 ただ3月配当を意識した買いは今後、情勢に変化がない限り起こるはずで日経平均全体もジリ高で推移と判断している。 当3月期の配当は全体で13兆円超との想定もあり、すべてが個人の財布に入るわけではないが、一昔前の公共事業投資を思い起こせば相当な金額だ。並みの景気対策よりすでに優れていると言うことになる。 経営者サイドも自社株買いと増配で株主に向き合い、所在不明のファンドや悪名高きTOB...

記事を読む